01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感涙のシェークハンド 




昨年の暮れ
「校歌」を作って欲しいという依頼があった

2か月を要して
ほぼ完成した歌を引っ提げて
その学校へ出向いた

途中
廃校になった小学校へ寄り道をしてみた

静かに胸を張って 
その校舎は「時」を止めていた

「無常」・・・「無情」・・・

開始があれば
必ず「終わり」が来る

だからこそ精一杯だ・・・

4月から新しく開設される中学校
そこの「校歌」

胸張って
「終わり」を迎えられるよう
そんな気持ちも託した

さっそく
校長先生に曲を聴いてもらった
校長は僕の小学時代のクラスメイトだ

二人とも
・・・涙をこぼしながら
しっかりと握手をしていた

言葉なんていらなかった








スポンサーサイト

花咲か婆ちゃん 




四季を通して
家の周りには花が絶えない

ガリガリの堅い駐車場の路面でさえ
花を咲かせてしまう

母親の魔法だ

そんな母のことを僕は
「花咲か婆ちゃん」と呼ぶ

いつもいつも
畑へ出ては
せっせせっせと
花や野菜を作る

そして僕は
母が咲かせた花たちのことを
「よし子フラワー」と呼ぶ

そっ
母の命名は「嘉子」

母の心は
どんな花より
きれいだ




幻の木造校舎 




小春日和に誘われて
車を走らせた

久しぶりに海に会いたくなった

とっ
遠くに
「幻の学び舎」発見!

慌てて車をUターンさせて
その幻に向かう

まさしく
僕の小学校、中学校だ!
木造校舎だ

懐かしい・・・懐かし過ぎる・・・


現在は
1階の部分を改築して
農協として使用しているとのこと

尋ねると
かつて中学校だったらしい


『窓ふきの時、あそこに登って・・・』
『雑巾がけの競争をしてたな・・・』
『ガラスを割って叱られたなぁ・・・』


無常・・・

だからこそ
「思い出」が輝く

「今」が輝く・・・









幻のカワセミ!!! 




ツクシを探してみようと
心を弾ませて車を走らせたが
1本も発見できず・・・
『まだ早すぎたか・・・』

かなりガッカリしながら
心向くまま山を越えて・・・
出会った川辺を走らせた

『こんなところにカワセミがいたらなぁ・・・
なんちゃって・・・』

その時だった!!!
シュ~ン!
と、その川面を
青緑の光が駆け抜けた!

カワセミだっ!!!
カワセミだっ!!!

いつか会いたいと思っていた
カワセミだっ!

急いでカメラを手にして
息を止めてシャッターを切った

ドキドキした
興奮した

僕の中で
幻の夢の小鳥だった「カワセミ」に
ついに出会った!

やった~!!!
ありがとう!!!
ありがとう!!!





バレンタイン 



『スズメって可愛いなぁ…保護色なんだなぁ・・・』

ぼ~っと眺めていると、ピンポーン!♪
小包みが届いた!

開けてみる・・・

出てきたのは
まるで小学生の時、
配給された遠足のおやつセット!?

懐かしい!嬉しい~!

そっ!
僕は、サクマのドロップの
特にハッカが好きだった!

ガラガラ鳴る音は
しあわせの音だった・・・

穴を覗きこみながら、ハッカを狙って
おみくじのように出すのが楽しみだった!

カルミンもハッカ味
そして
たばこみたいな「ココアシガレット」もそう!

駄菓子屋で買い求めて
「大人ごっこ」をしていた必需品だった

もはや
僕の心は昭和30年代へ!

「思い出」を引き出してくれた
バレンタインの贈り物・・・♪

深謝!♪






可愛くて可愛くて 




訳など見つからず
小鳥が好きだ

幼少の頃は
狩猟本能丸出しで
追いかけていた(笑)

可愛いな
可愛いな

人間であることを
忘れてしまう・・・

自分を忘れてしまう・・・

辛いことも
苦しいことも忘れてしまう・・・

小鳥たちが
励ましてくれる・・・

ありがとう








プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

YouTube

FC2カウンター

facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。