10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクが八代市に開設したグループホーム 

喫茶去


仲良くお茶でも飲みましょう~
そんな気持ちで『喫茶去(きっさこ)』と名づけた
ご高齢の方の為のグループホーム。

入居者の誕生日には、その方のご希望に応えたメニューに決定します~その日は家族たちも駆けつけて、家族の方ともお酒を酌み交わします。その光景を見て、誕生日を迎えた入居者が「うちの息子は、のん兵衛ですみません」「これこれ!考えて飲みなさいよ」って、実に幸せな時が流れます。

「三助でございますぅ~~~!」お風呂は、ボクの生歌のBGMの中、スタッフたちと入居者の体を洗って差し上げます。お風呂は、その方の体調、虫指され、怪我などの発見、心の中の風景を見せてもらえるチャンスの場所。エンターティナーぶりを発揮しながら、介護の心も全開~!

失禁って言葉を聞いたことありますか?まるで、排泄のあったことが悪かったような。それは間違い。実は、出たってことは、祝電を打ちたくなるような朗報。スタッフたちは「出ました~~!!!」って、まるで子どもが産まれた喜びのように叫びます。その度にボクから、その声が大き過ぎることを注意されます。きゃははは。

皆さんと一緒に、外へ出ることも大きな楽しみ!近くの海や、山へ。そこで食べる、おやつ。これまたうまい!皆さんの命、そして、ボクらの命にも輝きを感じます。もう入居者と介護スタッフという垣根はありません。
互いに、たった一度の人生の中、家族のような出逢いの喜びです。





スポンサーサイト

声援 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

これからだ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

明るい方へ 

がんばる県くまもと


CDを作った
周りの声に応えた形だ

地震の恐怖の中
この地震で、命を落とした知人へ
そして、故郷への想いで書いた歌だ

『がんばる県くまもと』♪
と命名した

そして、この歌を
避難所で余震に怯えていた
5歳の女の子が
勇気を絞り出すように
明るく、元気に歌ってくれた

その、一所懸命な歌声を
しっかりと、閉じ込めたCDだ

この女の子との出逢いは
神様からのプレゼントだと思う

そして 今
このCDを
いろんな人たちが求めて下さり
女の子の歌声の温もりが
広がっている

明るい方へ
今日も誰かの笑顔の方へ

たかが歌。。。
されど、歌だ!!!




愛の力 

愛の力


やっと 辿り着いた。。。

5か月を要した

延期、延期で
秋になった『春の小川のコンサート』

熊本地震。。。

どっこい
生き延びたボクら人間には
秘めた力がある

笑顔に向かう力がある

人の持つ
愛の力だ

人が
人を想う
愛の力だ

ボクらは負けない









プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

YouTube

FC2カウンター

facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。